シンフォニエッタ静岡 第54回定期公演 9/16/2018(日)

日曜日から頭の中はまだまだフランス音楽♪10年以上お世話になっているシンフォニエッタ静岡の定期演奏会でした。初めての曲も多かったですが、1週間過ぎても朝起きたときにハミングしていることに気づくのはシャブリエの「田園組曲」♪ 爽やか〜 

シンフォニエッタ静岡にはいつも本当にステキなメンバーが集まる。少人数の室内オケでチェロは今回もたった2人。トップさんがとても情熱的で深い音色を奏でる
田口裕さん。お陰様で学びの多い三日間でした。今回の収穫:指揮者がとても早いテンポを目指していて、ファーストバイオリンが少し苦労していたときでした。単純なベースパートを弾いていた私は、よりはっきり弾いてあげた方がまとまりやすいかと思っていた。そこで頂いたアドバイスは「早いテンポで充分に楽器を鳴らすのが難しいから、少し音量を抑えてあげよう。」なるほど!みんなとても優秀なプレイヤーなので速く弾けないということはない。でも楽器を鳴らそうとしているなか、他の音が大きすぎると無理して速いテンポをキープ出来なくなる。テンポとバランスの関係をより深く知る機会となりました♪

フランス音楽のプログラム、本当に素敵でした:
 シャブリエ:田園組曲よりⅠ.牧歌 Ⅱ.村の踊り
 ドビュッシー(キャプレ編):子供の領分
 マニャール:葬送の歌(日本初演)
 ルーセル:バレエ音楽「蜘蛛の饗宴」交響的断章
 プーランク:シンフォニエッタ

Sinfonietta Shizuoka, JAPAN↓
2018_9_16_shinfonietta_shizuoka

指揮者の中原朋哉をはじめ、スタッフ、プレイヤー、そしてコンサートに足を運んで下さった皆様へ感謝です。

静岡で練習の休憩中に迎えてくれたお花たち↓
IMG_0855

月曜日の会場は高麗神社、曼珠沙華が迎えてくれるはず!
Higanbana

♪〜〜〜〜関連情報〜〜〜〜♪

Sachi のコンサート情報

2018924日(月祝日)@ 高麗神社
第8回 鎮守の杜の音楽祭 日高市(埼玉県)
会場:高麗神社 境内 神楽殿
開演:13:3030分)
料金:無料
出演者:大塚幸穂(チェロ独奏)、他
曲目:バッハ:チェロ無伴奏組曲第1番よりプレリュード、他
アクセス:埼玉県日高市新堀833(高麗川駅より徒歩20分)
主催/お問合せ:高麗神社 tel.042-989-1403

Sachi の演奏依頼の問い合わせページ

Sachi の
チェロレッスン案内

野外で弦楽器:演奏者が説明する問題点と対策

自然界に沢山のインスピレーションを頂いているので、外でも演奏出来たら地球と一体になって気持ちいいだろうなぁ〜とよく思う。でも、お客様がいらっしゃる企画の一部として野外演奏することとなると、気持ちがガラッと変わる。そよ風が気持ちいいと感じるときもあれば、移り変わる環境が演奏を中止とさせてしまう場合もある。今日は企画者向けに、イベントを成功させるために、そして集まったお客様に失礼のないように、演奏条件、理由、対策、そしてお願いごとをまとめてみました。続きを読む…

朗読に音楽を合わせるタイミングと選曲

朗読の音楽を頼まれたとき、初めてだと色々戸惑う。ずっと音を出すのか、作曲しなきゃいけないのか、などなど。私はチェロ1本で音楽を付けますが、今日は、BGMではない音楽の付け方、選曲、タイミング、そして台本でのメモの仕方を紹介させて頂きます。続きを読む…

楽譜の整理は、五十音順ではなく、ジャンルと国別でワクワク感アップ♪

特定の楽譜を早く見つけたいときは、作曲家名をアルファベットや五十音順で整理するのは良いと思うけど、まだ曲が決まってなければ、楽譜の整理方法によって選曲も楽しくなる。ジャンルの後に、国別、そして更に作曲家名で年代順にすると、音楽が生まれてきた国と歴史まで想像出来る。続きを読む…

英語のネーティブスピーカーが説明する「Plink, Plank, Plunk!」の意味

ルロイ・アンダーソン作曲、弦楽合奏のための可愛い曲「プリンク・プランク・プルンク」、題名を読むだけでも何だかんだ楽しい雰囲気を味わえます。それぞれの言葉に意味はあるけど、冒頭の音楽(レ!ラ、レ。)からいうと、恐らく、高いところから物が何かに打つかりながら転び落ちる音を表現したくて名付けたと思います。続きを読む…

クラシックコンサートに行きたいのに子供が...と悩んでいるあなたへ

クラシックは「やめた方がいい!」と言いたいのは、満席のコンサートで、席が演奏者から遠くて、出入りが出来ない、一曲だけでも1時間以上掛かるようなコンサート。ね ^^; でも「お子様OK クラシック」をネット調べると実は子供大歓迎のオプションが色々出てきます。「ファミリーコンサート」と名付けているならば遠慮なく行けるけど、今日話したいのは、普通のコンサートに見えて、チラシに小さく「未就学児無料」なんて書いているコンサート続きを読む…

コンサート案内「音楽の森~秋風に寄せて」in 東京!

8年ぶりに東京でチェロとピアノのコンサートをさせていただきます!
今回はピアニストの
長谷川芙佐子さんの事務所、Kクリエイトの力を借りて実現することになりました。
会場はアットホームな雰囲気の「
anoano」さん。何と、山手線沿い「大塚駅」から徒歩6分。続きを読む…

アメリカの音楽は?と言われたら思い浮かぶ曲:「アパラチアの春」

アメリカを代表する曲をよくリクエストされるけど、文化からジャンルのまで色々あって、代表曲なんか選べられませんが、私の実際の経験からというと、ある一曲が Dear to my heart:コープランド作曲の「アパラチアの春」続きを読む…

コンサートの感想として自分の話をしていいと思う

コンサートを楽しんで頂いたとき、演奏者はアンケートや帰りの際に色んな言葉を頂きます。そのとき、コンサートの感想をいうのが普通こもしれないけど、演奏についてではなく、個人的な話をしてもいいと思う。続きを読む…

コンサートの客席でリラックスするには、簡単な呼吸法!

癒しのためにコンサート行くつもりなのに、なかなか落ち着くことができなくて、音楽に入り込むのに時間がかかることありませんか?出演者が一流の音楽家だとしても、何だかの理由で落ち着かないのは勿体無い。そんなときに、誰にも気付かれない、とっておきのリラックス方法は、呼吸法。続きを読む…